振動工具取扱作業者安全衛生教育

振動工具取扱作業者安全衛生教育についてご説明します。

振動工具取扱作業者安全衛生教育の概要

事業者は、チェンソー以外の振動工具作業に初めて従事する者に対して安全衛生教育を実施するよう定められています。
振動工具のなかには、さく岩機やインパクトレンチ、タンピングランマーなど身体に大きな振動を与えるものがあります。
誤った使用や長時間使用により、白ろう病等の振動障害を引き起こす恐れがある為、これらの振動工具による労働災害を防止するため正しい知識が必要となります。

 

この振動工具取扱作業者安全衛生教育は出張講習のみとなっております。
お問い合わせ⇒ 東京技能講習協会 03-5879-3193

振動工具取扱作業者安全衛生教育の内容

区分 講習科目 時間
学科

振動工具に関する知識

1時間
振動障害及びその予防に関する知識 2.5時間
関係法令等 0.5時間
合計 4時間

講習料金

受講料=8,500円(税・テキスト込)

対象年齢

満18歳以上