顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

最低賃金に注意を!

10月1日から最低賃金が改定され、東京都の最低賃金は

958円

になりました。

時給の設定については、多くの事業者が50円単位で設定しています。950円に設定している事業者は時給を引き上げる必要があります。上げるのが厳しいのなら、960円でも大丈夫です。ただ、オリンピックまでは毎年25円ペースで上昇することが予測されますので、時給1000円になるのは時間の問題です。

あと盲点なのが月給制の事業者です。特に飲食店の調理師などは注意が必要です。調理師の世界は徒弟制度のような習慣が根強く、見習調理師として、ホール社員よりも時給単価が安く設定されているのを、多々見かけます。徒弟制度は悪いことではありませんが、法令との整合性を取りながら運営していくことが必要です。

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。