フルハーネス型安全帯使用作業特別教育

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育についてご説明します。

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育の概要

高さが2m以上の箇所において、作業床を設けることが困難なところで(★)
フルハーネス型安全帯を使用して作業を行う労働者は
フルハーネス型安全帯使用作業特別教育を受けなければなりません。(学科4.5時間、実技1.5時間)
※2019年2月1日施行 猶予期間なし

改正のポイント

1. 安全帯の名称を「墜落制止用器具」に変更 
  従来からの安全帯、胴ベルト、ハーネスといった用語を使用することに差し支えない。

2. 墜落制止用器具は「フルハーネス型」を使用することが原則
  経過措置として現行規格は2022年1月1日まで使用可能

3. フルハーネス型安全帯作業特別教育が必要
  当教育は2019年2月1日施行

対象

満18歳以上

スケジュール

開催日 会場 受講料 受講申請書
 11月30日(金)
学科+実技

城東職業能力開発センター

10,000円

受付終了致しました。

12月7日(金)
学科+実技

城東職業能力開発センター

10,000円 フルハーネス受講申請書_pdf
12月9日()
学科+実技

中央実技講習会場
[江戸川区中央 1-22-10]

10,000円 受付終了致しました。
12月14日(金)
学科+実技

城東職業能力開発センター

10,000円 フルハーネス受講申請書_pdf
12月21日(金)
学科+実技

城東職業能力開発センター

10,000円 フルハーネス受講申請書_pdf
12月24日()
学科+実技

中央実技講習会場
[江戸川区中央 1-22-10]

10,000円 フルハーネス受講申請書_pdf

講習料金

受講料=10,000円(テキスト代・税込)
資格証は学科・実技講習終了後に即日発行します。

出張講習について

出張講習は10名様から可能です。

以下の場合は一部の科目を免除することができます。

①(★)の場所でフルハーネス型を用いて行う作業に6ヶ月以上従事した者(4.5時間省略)
②(★)の場所で胴ベルト型を用いて行う作業に6ヶ月以上従事した者(1時間省略)
③ロープ高所作業特別教育受講者または足場組立特別教育受講者(1時間省略)
※ただし上記の免除カリキュラムは出張講習のみとなります。

詳しいことはお気軽にお問合わせください。⇒03-5879-3193

講習科目

学科

作業に関する知識 1時間
フルハーネスに関する知識 2時間
労働災害の防止に関する知識 1時間
関係法令 0.5時間
実技 墜落制止用器具の使用方法等 1.5時間
合計 6時間