フォークリフト運転特別教育

フォークリフト運転特別教育の概要

フォークリフトの種類はカウンタバランス式やリーチフォークリフトなどがありますが、資格は最大荷重が1t以上か1t未満かで2つに分けることができます。
最大荷重1t未満のフォークリフトの運転(道路上を走行させる運転を除く)の業務に労働者を就かせるときは、安全又は衛生のための特別な教育をしなければならないことが義務付けられています。(最大荷重1t以上のフォークリフトは技能講習となります。)

フォークリフト運転特別教育の内容

区分 講習科目 時間
学科 走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識

2時間

荷役に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識 2時間
運転に必要な力学に関する知識 1時間
関係法令 1時間
実技 走行の操作 4時間
荷役の操作 2時間
合計(2日間) 12時間

講習料金

受講料=14,500(税・テキスト代込) (※実技あり)

※フォークリフト運転特別教育は出張講習のみとなっております。(10名様前後から)
 工場や現場のフォークリフトにて実技講習を行い資格証は即日発行致します。
フォークリフトがない場合、当協会のフォークリフトにて実技講習も可能です。

お問い合わせ⇒  東京技能講習協会 03-5879-3193

対象年齢

満18歳以上