顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

女性トイレを作ると100万円もらえる?

 昨日の記事で建設現場で働く女性の悩みは労働時間だということに言及しましたが、建設に限らず男性ばかりの職場で女性が困ることの一つに、トイレの問題があります。

 女性の雇用を促進するためにも、トイレ、ロッカー、仮眠室など女性専用の設備環境を整えていく必要があります。

 東京都ではワークライフバランス推進助成金で、女性の職域拡大のためにトイレ、ロッカー、仮眠室などを整備する費用を最大100万円助成しています(補助率2分の1)。

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。