顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

ストレスチェック制度とは

 12月1日から義務化されるストレスチェック制度について、マイナンバーの陰に隠れてあまり話題に上っていませんが、労働者が50人以上の事業者は対象になりますので、注意が必要です。

 ストレスチェック制度の目的は

メンタルヘルス不調を未然に防ぐ一次予防 です。

 メンタルヘルスに問題を抱えている労働者は年々増え続け、事業所の約3割はメンタルヘルスに問題を抱えている社員がいるという調査結果が出ています。

メンタルヘルスに問題を抱えていると、労働災害にも遭いやすくなるので、事故を未然に防ぐために、ストレスチェックは有効です。

 

 

 

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。