顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

簡単!ストレスチェック制度の概要

具体的なストレスチェックの流れは次のようなものです。

 

①ストレスチェックの実施

1年に1回(従業員50人以上)、ストレスチェックを実施。従業員に調査票に答えてもらう。

②面接指導の実施

調査の結果を従業員に通知し、面接指導が必要と判断された従業員から申し出があった場合は、医師による面談指導を行う。

③集団分析の実施

職場のストレス状況の分析を行い、職場環境の改善を行う。

 

制度の目的や概要がわからないと、難しいと感じるものです。シンプルに説明すると簡単です。

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。