顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

補助金シーズン到来!

 先月、平成27年度補正と平成28年度の中小企業政策の予算案が決議されました。今回の中小企業政策の重要テーマは「TPP」と「一億総活躍社会」です。

 

 建設業はどちらかというと、国交省や厚生労働省の情報の方が多く、経産省の情報はその次になることが多く、経産省の補助金を申請活用する事業者はあまり多くありません。実際には建設業でも使える補助金は多く、もったいないなと私は感じています。

 

 小規模事業者向けの補助金で、小規模事業者持続化補助金というのがあります。販路拡大のための販促費や設備費、また業務改善や効率化に係る経費などが対象で、補助率2/3、上限50万円の補助金です。おそらく4月の初めに公募が開始される予定です。

 

 私の知り合いの塗装会社さんは、「施工実績のデータ化」事業の計画案を申請し、昨年採択されました。今補助金は一度採択されても、別のテーマの事業であれば何度でも応募が可能です。ぜひ取り組んでみてはどうでしょうか?私の事務所では補助金情報に関しては無料相談に応じています。

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。