顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

ヒューマンエラー③人間の心理的特性

心理的特性とは人間の考え方のと考えると分かりやすいです。例えばある人のいい評判と悪い評判があったとします。

いい評判「Aさんは仕事ができる」という情報が最初に得た情報ならば、Aさんが自分流で仕事を進める姿を見て「すごいなあ」と思うかもしれません。

しかし

悪い評判「Aさんは人の話を全く聞かない」という情報が最初に得た情報ならば、Aさんが自分流で仕事を進める姿を見て協調性がないダメな奴だと思うかもしれません。

同じ事実でも、最初に得た情報によって、とらえ方が変わるわけです。

 

事故でもこれに似たことは多くあります。

 

ヒヤリハットを「問題」ととらえるか「問題ない」ととらえるか、事故で痛い目にあった人と、運よく事故に全く合わなかった人では、とらえ方が違うのではないでしょうか?

 

経験によって事実のとらえ方が違う、この心理特性は条件が重なると大きなエラーに発展する可能性があります。

 

 

 

 

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。