顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

作業ミスを減らすためには

どの業界においても、作業ミスは生じるものです。作業ミスがなかなか減らないと感じている人も多いのではないでしょうか?

なぜ作業ミスはなくならないのか?「意識が変わらないから」「労働条件が悪いから」いろんな声が聞こえてきそうですが、ミスの原因が多岐にわたるため、といういうのが大きな理由のひとつではないかと思います。

事故には、本人が原因のものと環境が原因のもの、しくみが原因のものと、実に様々なものがあります。したがって、対策も多面的に行うことが重要です。

 

まずは環境を整理する 5S

事故が発生しない仕組みを作る システム

教育する 

声をかけ注意を促す

 

これさえやっておけばいいやというものはありません。原因を決めつけず、自分だったらどうするだろうかという謙虚な気持ちが必要です。

 

 

 

 

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。