顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

オンとオフ

建設業の労働死亡事故率があらゆる職業の中で高いことは、一般的に知られていますが、実は建設業よりも高い労働死亡率を職業があることがこのたび公表されました。農業の労働死亡事故率は建設業の2倍だそうです。

 

農業の労働事故死亡率が高い原因として、

①作業者の高齢化

②安全衛生教育が不徹底

があるように思います。

 

農業は自営業が多く、労働時間の概念もあいまいです。そうするとオンとオフ、つまり業務と業務外の垣根を意識的にも行動的にも作りにくいのではないかと思われます。事故は中途半端な意識や取組の時に、えてして発生するものです。オンとオフのけじめは非常に重要です。

 

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。