顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

建設現場の洋式トイレ義務化?

国交省は同省が発注する土木工事を受注した業者に対して、工事現場の仮設トイレを洋式トイレにすることを義務化するようです。

洋式トイレ義務化の記事

 

ここのところ国交省は厚労省とタイアップして、建設現場の労働環境の整備に力を入れています。その背後には人手不足とそれを補う女性・若者・高齢者の雇用定着の促進の課題があります。

 

建設現場だけに限りませんが、国は女性と若者の雇用定着を促進化するため、新しい法律もできています。

次世代育成支援対策推進法

女性活躍推進法

などがそれで、規模の大きな企業にはこれらの法に沿った経営計画を策定する義務が課せられています。洋式トイレもこの法の流れに従うものであると言えます。

 

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。