顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

65歳以上も雇用保険の対象者に!

平成29年1月1日より、65歳以上の労働者で雇用保険適用の条件(週20時間以上労働)を満たす場合は、雇用保険の被保険者になります。

したがって、新たに高齢者を雇用した場合、雇用保険の加入手続きをすることが必要となります。65歳以前から引き続き雇用されている高年齢継続被保険者の場合は、手続きをしなくても自動的に被保険者区分が変わることになります。

したがって、新たに手続きが必要になるのは

①新たに65歳以上の労働者を雇い入れた場合

②65歳以上の労働者で高年齢被保険者以外の者がいる場合

でその労働者の所定労働時間が週20時間以上で31日以上雇用の見込みがある場合

ということになります。雇用保険料は今のところ支払う必要がありません。

 

今後、高齢者を正社員転換した場合もキャリアアップ助成金の対象になる可能性があります。

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。