顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

春先は事故が多い?

先日、浅草で足場が崩れ落ちる事故が起こりましたが、足場が崩れ落ちる原因の大きな原因になっているのが強風です。今は2月後半ですが、この時期は北風になったり、南風になったりと、予期せぬ方向からものすごい強風にあおられることが多いです。

 

風害は台風という認識があるかもしれませんが、実は台風以外の強風で起こっている事故はとても多いです。昨年新潟の糸魚川市で144棟が全焼するという大火事が起きましたが、これも強風が原因です。

 

台風であれば最初から身構えて行動しますが、そうでない場合は意外と無防備なことも多いものです。何があるかわからない、想像を超える自然の驚異を頭に入れた仕事や行動が必要です。

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。