顧問社労士の部屋 建設専門の社労士が労働安全についてわかりやすく説明します。

定年引上げると120万円がもらえます

多くの会社が、60歳定年、65歳まで雇用延長制度を取っているのではないかと思います。しかし、世の中は労働力不足、少子高齢化ということで高年齢者の労働力が必要とされる時代になっています。今年から65歳以上も雇用保険の被保険者の対象になりました。

昨年10月に「65歳超雇用推進助成金」という助成金が新しく設けられました。定年が65歳未満の会社の場合、定年を65歳に引き上げると100万円の助成金がもらえます。66歳以上もしくは定年制の廃止を定めた場合は120万円の助成金がもらえます。

助成金をもらうためには下記のようにいくつかの条件があります。

①就業規則に定年制を定めていること

② 1年以上雇用している60歳以上の社員(雇用保険の被保険者)がいること

③ 定年引上げに関する就業規則の改訂を社労士に依頼して行うこと(領収証が必要になります)

建設建設会社は高齢の職人さんがたくさん働いています。60歳以上の社員がいるという事業主さん、助成金をもらえる可能性がありますので、ぜひ取り組んでみてください。

顧問社労士の部屋プロフィール

井上敬裕

井上敬裕 社会保険労務士・中小企業診断士

大田市場青果工場で約8年間工場長を務めた後独立。
工場の生産性・安全衛生管理と人事労務管理の両方をワンストップで行うことができる。フォークリフト講師の資格を持っている。