平成28年7月1日より「ロープ高所作業特別教育」が施工されました。

皆様、こんにちは。東京技能講習協会の山根でございます!

ロープ高所作業特別教育の規定が新設されてから先日7月1日(金)より

施工となりました。

今回対象となるロープ高所作業とは、

◎高さが2メートル以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところ。

◎労働者が当該昇降器具により身体を保持しつつ行う作業(40度以上の傾斜)

と定められていますが、ビルメンテナンス・造園、法面作業を行う企業様が一番の対象と

なってくるかと思います。今回の労働安全衛生規則の改正は、作業される誰か1名が持っていれば

いいものではなく、作業される従業員様全員が資格証の取得を行う必要、「ロープ高所作業特別教育」を

受講する義務がございます。

まだ、未受講の方、企業様がいらっしゃいましたら是非ご連絡頂ければ講習会のご案内をさせて

いただきたく存じます。

002 (800x527)

規則の改正に伴い、私たち東京技能講習協会も講習をスタートさせていただき、ここ数ヶ月で

1,500名様を超える受講者様に資格証を発行させていただきました!

007 (800x520)

ロープ高所作業で一番の労働災害の原因が「作業中に支持物からロープが外れ(ほどけ)墜落」する

96%が墜落災害です。

私たちは4時間の学科講習中に実技ではありませんが、ロープの縛り方、エンド処理の方法等を

実践的に取り入れ講習しております。

今一度、安全面も踏まえ受講しませんか?

DSC_0178

DSC_0178

上記お写真は先日、奄美大島に出張講習させていただいた際の画像となりますが、

7月9日は沖縄県にて出張講習受け賜っております!

どちらでも伺いますので、お問合せだけでも結構です!お問合せくださいませ!