お待たせ致しました!! 「ロープ高所作業特別教育・実技講習」 始めます!

皆様こんにちは!東京技能講習協会の山根でございます。

暑くなったこの頃ですが、皆様体調管理に気をつけて安全作業で夏を乗り切って下さい!

 

さて、当協会も今年の2月より「ロープ高所作業特別教育」の講習を開催させて

いただき、7月までにお陰さまで1,500名様の日々全国でご活躍されている

皆様に資格証を発行して参りました!

 ☆資格を取得する為には、学科4時間実技3時間の計7時間講習を行う必要ですが、

現状、実技の3時間に関しては、各事業所様にてお願いしておりました。

 

ですが嬉しいことに、ロープ高所作業特別教育の講習を開催させていただく都度、事業所様より実技の受講も

「受けたい」「行って欲しい」とのご要望を数多くいただき、当協会も迅速に対応しこの度、実技安衛則に準じた

TGK(東京技能講習協会)オリジナルカリキュラムを提案し、実施する運びとなりました。

 

【実技教育】計3時間講習

1.メインロープ等の点検及び整備の方法(確認作業)        1時間

2.ロープ高所作業の方法 墜落による労働災害の防止の為の措置 1.5時間

3.安全帯及び保護帽の取扱い方法(確認作業)           0.5時間

002 (800x527)

上記カリキュラムを作成し、実技講習を行います。

当協会では、第一に安全、そしてそれに伴う円滑な作業、場に適したロープの使用法、縛り方等を

再確認しながら受講いただけます。

当協会の実技は事業所様の業務内容に適した作業手順を都度作成し、カリキュラムを提案します。

 

実技講習をお考えの事業所様は是非、当協会にお問合せだけでも大歓迎ですのでご連絡お待ち申し上げて

おります。