クレーン運転(5t未満)特別教育

クレーン運転(5t未満)特別教育の概要

クレーンとは、荷を動力を用いてつり上げ、これを水平に運搬することを目的とする機械装置です。
労働安全衛生法により、つり上げ荷重5t未満のクレーンまたはつり上げ荷重5t以上の跨線テルハの運転作業については、クレーン運転特別教育を修了していなければならないと定められています。

実技講習は各事業所様お願いしておりますがご要望が御座いましたらお気軽にお問合せくださいませ。
このクレーン運転(5t未満)特別教育は出張講習のみとなっております。
お問い合わせ⇒ 東京技能講習協会 03-5879-3193

講習科目

区分 講習科目 時間
学 科 クレーンに関する知識 3時間
原動機及び電気に関する知識 3時間
クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 2時間
関係法令 1時間
実技 クレーンの運転/クレーンの運転のための合図

4時間

合   計 13時間

※実技(4h)は、基本各事業所様でお願いしております。

講習料金

受講料 = 12,000円(税・テキスト代込)

対象

満18歳以上

東京技能講習協会へのお問い合わせ・受講のお申し込みはこちら