玉掛け特別教育

玉掛け特別教育の内容について説明します。

玉掛け特別教育の概要

労働安全規則第36条第19号の業務⇒クレーン取扱い業務等特別教育規定第5条に基づく教育

 事業者は、つり上げ荷重1t未満のクレーン、移動式クレーン又はデリックの玉掛けの業務に労働者を就かせるときは、安全又は衛生のための特別な教育をしなければならないことが義務付けられています。

※1t以上のクレーンには使えません。ご不明な点はお問い合わせください。
つり上げ荷重1t以上の玉掛け作業を行うためには、都道府県労働局長登録教習機関で、運転技能講習を受講し「技能講習修了証」の交付を受ける必要があります。

 

この玉掛け特別教育は出張講習のみとなっております。
お問い合わせ⇒ 東京技能講習協会 03-5879-3193

玉掛け特別教育の内容

区分 講習科目 時間
学科    クレーンに関する知識

1時間

玉掛けに必要な力学に関する知識 1時間
玉掛けの方法

2時間

関係法令 1時間
合計 5時間

実技について

実技に関しては各事業所にてお願いしております。
実技を各事業所にて行っていただき「実技修了証明書」を協会までご提出をお願い致します。

※実技修了証明書は講習会終了後1か月以内までにご提出をお願い致します。
1か月を過ぎますと修了証が発行できなくなる場合がございますのでご了承ください。

区分 講習科目 時間
実技 クレーン等の玉掛け 3時間
クレーン等の運転のための合図 1時間
合計 4時間

講習料金

受講料=11,000円(税・テキスト代込) (※学科5時間講習)

※実技講習のご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。

対象年齢

満18歳以上