玉掛け業務従事者安全衛生教育

玉掛け業務従事者安全衛生教育の概要

労働安全衛生法60条の2の規定に基づく「厚生労働省通達「危険又は有害な業務に現に就いている者に対する安全衛生教育に関する指針の公示(平成元年5月22日付基発第247号)」により、事業者は労働者に対し一定期間(概ね5年)ごと、また、機械設備等に大幅な変更があったときにも再教育の実施を求められています。この講習は玉掛け技能講習を修了後、概ね5年経過した方、また業務から一定期間離れ再び玉掛け業務に従事する方を対象とした講習です。クレーン・移動式クレーンの多様化・高度化・新しい玉掛け用具の導入等、時代の変化、作業態様の変化に対応し、安全な作業方法と正しい玉掛方法について最新知識と技能の再教育を目的とした講習内容となっております。

出張講習のみとなっております。(10名様以上から)

カリキュラム

区分 講習科目 時間
学科 最近の玉掛け用具等の特徴 1時間
玉掛け用具等の取扱いと保守管理 2.5時間
災害事例及び関係法令 1.5時間
合計 5時間

講習料金

講習料金 ¥10,000(テキスト代・税込)※学科のみ
講習料金 ¥13,000(テキスト代・税込)※学科・実技あり

修了証

修了証はプラスチックカードでお財布にもしまいやすいコンパクトな免許証タイプとなります。
以前、東京技能講習協会でご受講された講習があれば統合カードにもできます。(技能講習と特別教育の統合カードはできません)

 

東京技能講習協会へのお問い合わせ・受講のお申し込みはこちら